FC2ブログ

作業時間が全く縮まってない件について。

2020.02.25.Tue.14:52

今回は記事タイトルのとおり、一部作業をデジタル化したのに作業時間が全く縮まってない、
というかむしろ伸びている件についての反省会です。

上の写真は私が原稿の度にメモしている作業時間記録で、
左はアクタ1話目、右はこないだ脱稿したばかりの5話目のものです。
細かくて見づらいですが、線で囲われている部分が最終的な合計時間です。

1話目は下絵〜完成までの所要時間が1Pあたり約5時間20分なのに対し、
5話目は1Pあたり6時間25分と、1時間近くも余計に時間がかかっています。
これが24P分となると24時間、作業日数でいうと2〜3日分遅くなっていることになります。
ジャンプ作家さんなら一週間分の原稿を描き終える日数です。

5話目は細かめの背景や登場人物が多少多かった気がしますが、作画が特別困難だった回ではありません。
アナログで失敗しやすそうな細かい部分のペン入れは全てデジタルに切り替えたので、
むしろ「いつもより楽かも」「今回は結構速いんじゃないか?」くらいの気持ちでやっていました。
そのせいで逆にダラダラ描いてしまっていたのかも…。

とにかく今回の原稿では歴代最長タイムを叩き出してしまったので、
今後はこのラインを絶対に超えないよう、気を引き締めていこうと思います。

脱稿しました。

2020.02.22.Sat.18:39

原稿をしていたら、蒙古タンメンの記事から二週間も経っていました。
お陰様で無事に脱稿したので、スマホに残っていた作業中の写真を添えておきます。

以前の記事にも書いた通り、今回はデジタルでの下絵制作(ペン入れは依然アナログメインです)に初挑戦だったのですが、
紙に印刷してみると原稿用紙の大きさと微妙にズレていたため、
ジャストサイズになるよう微調整しまくりました。
写真はその際、数値の確認のために撮ったものです。

すぐペン入れに移るつもりで予定を組んでいたので、結構焦りました。
新しい挑戦のためには事前の準備が大事だな…と痛感した出来事でした。

蒙古タンメン中本。

2020.02.08.Sat.15:44

以前からカップ麺&冷凍の中本商品を度々食べていたので、
その内お店にも行ってみたいなと思っていたのですが、
たまたま比較的行きやすい場所に新店がオープンしたため、やっと行くことができました。

通常のラーメンでも結構なボリュームだったので、私はレディースセット(小さいラーメン+小ライス+麻婆)にしました。
ガッツリ系ラーメンが好きだけど量は食べられない人間からすると、
こういう丁度良い量のメニューを用意してくれるのは非常に有り難いです。

お店の蒙古タンメンはカップ麺より辛いと聞いていたので少し不安でしたが、
辛いだけでなく味噌や麺の味もしっかり感じられて、とても美味しかったです。

ちなみに麻婆+小ライスの方は、ほぼ麻婆のみを食べているのに近かったため、
若干涙目になる程度には辛かったですが、美味しく完食しました。

店内には中本フリークの方も多く来られていたようで、
北極ラーメン(一番辛いメニュー)を頼むお客さんもちらほら居ました。
私の隣の人も北極を頼まれたのですが、顔が真っ赤でお風呂上がりの様になりつつも完食されていました。

一体どんな味なのかと気になりましたが、北極はあまりにハイレベルすぎるので、
私は今後も普通の蒙古タンメンを楽しもうと思います。

デジタルで下絵。

2020.02.05.Wed.02:56

約二週間ぶりにこんにちは。
原稿作業中の稲井です。

原稿ばかりをしているとなかなか上げられる画像が無いので、何となく更新の間が空きましたが、
特に何も無く普通に過ごしています。

変わったことと言えば、今回の原稿から下絵をデジタル作画にしてみました。
最初は紙とのサイズ感の違いにかなり戸惑いましたが、慣れてくると物凄く便利です。

私はキャラの大きさや立ち位置を、一発で理想通りに描くことが非常に苦手なのですが、
デジタルなら後から修正し放題なので、とても助かります。

上の画像はそんな下絵の一部です。
パース定規の使い方もうっすら分かってきました。
感覚的には、アナログのパース定規の使用感と似ているなと思います。

描きやすくなってきた。

2020.01.20.Mon.19:34


連載中のお話の主人公・芥なんですが、1〜2話の原稿の頃は本当に描きにくくて、
「この先大丈夫か…」と思いながら机に向かっていました。
その頃に練習として描いていたのが上の絵で、さっき描いたのが下の絵です。

描くことに慣れてきたのと、本編でのキャラの言動もだんだん変化してきたことにより、
大分柔らかさが出てきたんじゃないかと思います。

そういえば片野も最初は「何なんだこいつ…」と思うくらい描きにくかったです。
« Prev | HOME | Next »