FC2ブログ

2巻の各話表紙くらべ。

2018.01.23.Tue.23:32
漫画が雑誌に掲載された際、表紙にタイトルや作者名のほか、
担当さんが考えてくれたアオリなどが入るのは皆さんご存知だと思います。

うたかたダイアログも毎回さまざまな工夫を凝らしてもらっており、
私も刷り出しを見て「何も考えず描いた表紙がこんな良い感じに・・・」といつも驚いています。

単行本ではそういったアオリなどが全て取り除かれたシンプルな状態で収録されているのですが、
せっかくなので単行本派の方にも雑誌掲載時の表紙を見てみて頂きたいと思い、
2巻収録分の各話表紙の比較画像を用意してみました。
(担当さんのOKもいただきました、今度お礼にカレーを渡そうと思います)

画像が多いので追記にまとめております。
良かったらご覧ください。
・第7話 カラオケ編
20180121a.jpg
突然のマクロス。
宇多川の「よっ」があまりに自然で、一瞬自分で書いたのかと思いました。

・第8話 修羅場編
20180121b.jpg
マクロスからのカイジです。
下の「祝」とのギャップが際立ちます。

・第9話 雑貨屋編
20180121c.jpg
これは雑誌版だとアオリのために片野の妄想に見えますが、単行本だと現実の宇多川に見えるという、
何だか一種のだまし絵みたいなことになっています。

・第10話 夏祭り編
20180121d.jpg
内容に合わせて、表紙でも一句読んでもらいました。

・第11話 パンケーキ屋編
20180121e.jpg
「実は背景も私が描いたものじゃないんです」シリーズです。
こうやって並べると単行本版が非常にさみしい感じに見えます。

・第12話 職場体験編 (雑誌掲載時は第14話)
20180121f.jpg
完全にアオリありきの表紙です。
単行本にもこのまま収録しようかと思ったのですが、
この話だけ残すのも変かなと思ったので止めておきました。

・第13話 過去編
20180121g.jpg
表紙シリアス詐欺シリーズ。
もう誰も騙されないとは分かりつつやっています。

・第14話 焼きイモ編 
20180121h.jpg
雑誌版の方の、タイトルや作者名のバランスが好きでした。
アオリはそっと添えるだけというパターンですが、これはこれで非常にしっくり来ます。

-----------------------------------

2巻収録分の表紙は以上です。

25日発売のザ花に掲載される分の表紙も色々楽しく仕上げてもらっていますので、
また発売日になりましたら宣伝がてら紹介させていただきます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
スポンサーサイト