自慢話。

2015.05.14.Thu.20:55
友達の漫画がアフタヌーンの四季賞で入選作に選ばれたそうで、
現在発売中のgood!アフタヌーン2015年6号に掲載されています。

20150514a.jpg

非常に緻密な見応えのある絵で、独特の世界観を描き出す人です。
私も以前「参考にしたいから原稿コピーさせて」と頼んでコピーさせてもらいました。

今回も「ブログで自慢したい」と頼んで、刷り出しを撮らせてもらいました。
志木君おめでとう&ありがとう。多分ブログ見てないけど。

20150514.jpg
そしてこれは何の関係も無い絵です。

追記で拍手コメントへのお返事です。
《Nさま》
Nさまへ。

拍手+コメントありがとうございます!
ミリペンだと線が画一的になりやすいというのはとても的を射ていて、
そういったところをカバーするためのつけペンだと思うのですが、
私は力みすぎるためか、つけペンでもカチカチな絵になってしまっています・・・(・_・;)
でも仰る通り、ペンタッチも作者の個性が生きるところですよね。
ミリペンで伸びやかな線を描く方も居れば、硬いタッチで魅力的な絵もありますし、
私も軟らかさを追究しながら、自分のタッチの確立を目指して頑張ります!
スポンサーサイト