トーンの下準備。

2014.09.12.Fri.17:46

私はスクリーントーンを「不安」「アミ」「キラキラ」などに種類分けしてトーンケースにしまっているのですが、
どんどん枚数が増えてきてゴチャゴチャになってきたので、
今回更に細分化して整理することにしました。
不安トーンは不安(灰)と不安(黒)に、アミはアミ(薄口)とアミ(濃い口)に。
キラキラトーンは量が少ないので、そのままで大丈夫でした。少女漫画なのに・・・。

トーン整理に際して、グラデーショントーンなどに切り目を入れる作業も行いました。
分かりにくいですが、写真がその様子です。
こうしておけば次の原稿の時にとても役に立ちそうだからです。さしずめ隠し包丁。
が、量が多いこともあり、途中で物凄く飽きてきたため、全部は無理でした。

あらかじめ切り目つきのトーンがあると良いのになーと思います。

スポンサーサイト