清祓いをして頂きました。

2013.07.20.Sat.19:02
しらぬい奇譚録コミックス化、
(まだ少し先ですが)デビュー3年目突入、
そういった様々なことに感謝すると同時に、
この機会に改めてかぶとの緒を締める心構えで、
神社へお祓いに行ってきました。

というか、ホラー漫画を描かせてもらっている者として、
前々から行こう行こうとは思っていたのですが、
ここ最近になって体重が激しく減少したり、熱が出たり、気絶したり、金縛りにあったりと、
何だか不穏な(ただの夏バテという噂もある)出来事が続いたため、
良い機会と思い、先週の土曜日に行くことにしました。

CA446QY1.jpg

という訳で、やってきました住吉大社。
さすが住吉大社、入り口からして立派ですが、中に入るともっと立派です。

CADF9857.jpg

ものすごい急勾配の橋を渡って、お守りなどを売っている建物に居られる巫女さんに、
「ご祈祷のお願いをしたいのですが・・・」と申し込みます。

その後ご祈祷の内容について書くのですが、
いわゆる厄払いとはちょっと違うような・・・でも何て書けば・・・」と思い、巫女さんに
「ホラー映画のスタッフの人がされているようなのって、どれですか」と訊いたところ、
若干「えっ・・・」みたいな間がありましたが、「清祓いではないかと」と教えて頂けたため、
清祓いをお願いすることにしました

その後、ご祈祷用の宮に案内されます。そこの入り口にはこんな看板が。

CA2IJNY7.jpg

何だか凄い場所に足を踏み入れる気持ちになります。ドキドキします。

入ってみると、私の他は若い夫婦と家族が一組ずつ、ご祈祷を待っていました。
言い遅れましたが私は一人です。そりゃもう浮く浮く。

その後、その2組の方々と一緒にご祈祷をして頂きました。
平安貴族のような衣装に身を包んだ、
ものすごくええ声の神主さんに祝詞をあげて頂いたのですが、
「稲ー井、カオール・・・」としっかり名前を呼ばれたので、ちょっと照れました。

とても厳かかつ神聖な空気で、心が引き締められる時間でしたが、
終わった後は何だか清々しい気持ちになりました。

その後はお参りもしてきました。

CA9O4LXQ.jpg

本当に、境内がもう広くて立派で、
時代劇の世界に迷いこんだような気持ちになりました。
漫画の中でもこんな神社を出してみたいです。描くのが大変そうだけど。

それでは追記から、拍手コメントへのお返事です。

《魅梨さま》
《紫月綾音さま》
《レクタア博士さま》
魅梨さまへ。

はじめまして。拍手コメント、そして
いつもブログや作品を読んで頂き、ありがとうございます!
私がネームに使っている目盛りつきの紙ですが、あれは自分で作ったネーム用紙です。
用紙についての詳細は、カテゴリ「レポート」内の記事にいくつかありますので、
宜しければそちらもご覧下さい(*^^*)
これからも応援を宜しくお願いします!


紫月さんへ。

拍手+コメントありがとうございます!
応援して頂いたお蔭で、コミックス化までたどり着くことが出来ました・・・。
発売した暁には、是非感想を聞かせて頂けると嬉しいです(*^^*)
ブログに描かれていた花ゆめ移動教室の記事も拝見しましたが、
何だか作家さんがたくさん来られていたみたいで、
「楽しそうだ・・・」と羨ましかったです・・・。
洒落にならないほど暑い日が続きますが、お互い原稿頑張りましょう(`・ω・´)о


レクタア博士さんへ。

拍手+コメントありがとうございます!
単行本をお求めいただけると聞き、今から恐縮しています・・・(;´д`)
怖がりな自分なりにホラーを追求して描いてみたので、
発売された暁には、是非感想を聞かせて頂けると嬉しいです!
これからも応援を宜しくお願いします(^^)
スポンサーサイト