シワ上達ガイドの紹介。

2011.05.11.Wed.19:39
下でチラッと載せた本達なのですが、うちの近所の本屋さんには無いものもあったので、
ネットで中身を見ないまま、ちょっとビクビクしつつ買うということになりました。

結果、予想以上の内容だったので良かったのですが、
世の中には似たような状況の方もいるかもなので、
とても簡単にですが、チラッと本の紹介をしてみます。

---------------------------------------------------------------------------

・写真と図解でわかる 衣服のシワ上達ガイド1・2
 廣済堂マンガ工房
 (1巻は\1890、2巻は\2100)

CA9IJJJR.jpg

こういうガイド本はあまり買わないのですが、
最近になって、服のシワって大事・・・と強く思うようになったので、購入。

「この服のこの部分がこう引っ張られて、だからこうなって~」とか何とか、
回りくどい説明がたくさんあったらどうしよう・・・と思っていたのですが、
「はい、こういうシワが出来ます」と写真でさっくり示してくれています。

わかりにくいところは、写真にガイド線を描き足して解説。
全体的に文字は少なめです。

色々な素材の服やポーズの写真がたくさん載っているのですが、
ポーズ集ではないので、あらゆる角度や体勢を網羅している訳ではありません。

なので資料に使うというより、本を参考にしてシワのコツを掴み、
自分の作品に応用していくための本という感じです。

でも想像で描いていたら絶対に描き間違えそうな箇所に気づけたり、
難しい部分(プリーツスカートのひだとか)をじっくり見れたり、
同じポーズでも素材によるシワの違いがよく分かったり、
とても実用的な本だと思います。

もし3巻が作られたら、
・男性の和服(袴・浴衣)
・白衣
などを入れて欲しいなーと思いました。

---------------------------------------------------------------------------

本文が長くなったので、追記にて拍手コメントへのお返事です。
紫月さんへ。

拍手+コメント、有難うございます!
簡単にですが、本の紹介をしてみました。
検討の参考になると嬉しいです(^^)
そしてお手紙有難うございます!
私もお返事には「傘の中のお天気雨」の感想を、
テンション上げて書いていこうと楽しみしています(*^^*)
また届くまでに少し時間がかかってしまうかもしれませんが、
お手紙を楽しみにネームに励みます!
スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示