FC2ブログ

かにぱん。

2020.03.08.Sun.14:08

こないだ人生で初めてかにぱんを買って食べてみたのですが、
初めてなのにとても馴染みのある味で、おやつや朝ごはんにちょうど良いなと思いました。

かにぱんの存在自体は中高校生くらいの時から知っていたのですが、
当時はジャムやチョコが何もついてないパンというものにあまり惹かれなかったので、買う機会の無いまま大人になりました。
確か昔はチョコチップメロンパンとかホワイトチョコデニッシュといった、華やか菓子パンばかり買っていたような。あとナイススティック。

今は味覚が落ち着いたのか、食パンやかにぱんのように何もついてないパンの方が好きです。
と言いつつ、食パン用のジャムとピーナツクリームは常備しています。

メモ好き。

2020.03.07.Sat.12:25

↑鳥取の写真シリーズ、砂丘に降りていくリフトです。
普通に車の走る道路の上を通ったりもして面白かったです。

============================

私は時間やカロリー、物体の質量など、何でもはかるのが妙に好きというのは以前にも書いたのですが、
それに加えて、何かにつけてスマホにメモすることも好きみたいです。

気づいた時にはブログやツイートの下書きが何件も溜まっていますし、
漫画のセリフなんかも思いついたものはとりあえずメモする癖があります。

それを後々活用できていたら良いんですが、
メモが溜まりすぎて容易には見返せないくらいの量になった結果、
とりあえず放置→忘れる→更にメモが増える、の無限ループです。

ごくたまに読み返して内容を整理するのですが、
自分でも不可解な怪文書が頻繁に出てくるので怖いです。

里芋偽装トリック。

2020.02.29.Sat.14:58

こちらはこないだ食べた冷やし山菜そばなんですが、
左上の小鉢が何とみたらし団子でした。

完全に里芋の煮物だと思っていたので、一口食べて「!?」となりました。
機会があれば何かのトリックに使いたいです。

作業時間が全く縮まってない件について。

2020.02.25.Tue.14:52

今回は記事タイトルのとおり、一部作業をデジタル化したのに作業時間が全く縮まってない、
というかむしろ伸びている件についての反省会です。

上の写真は私が原稿の度にメモしている作業時間記録で、
左はアクタ1話目、右はこないだ脱稿したばかりの5話目のものです。
細かくて見づらいですが、線で囲われている部分が最終的な合計時間です。

1話目は下絵〜完成までの所要時間が1Pあたり約5時間20分なのに対し、
5話目は1Pあたり6時間25分と、1時間近くも余計に時間がかかっています。
これが24P分となると24時間、作業日数でいうと2〜3日分遅くなっていることになります。
ジャンプ作家さんなら一週間分の原稿を描き終える日数です。

5話目は細かめの背景や登場人物が多少多かった気がしますが、作画が特別困難だった回ではありません。
アナログで失敗しやすそうな細かい部分のペン入れは全てデジタルに切り替えたので、
むしろ「いつもより楽かも」「今回は結構速いんじゃないか?」くらいの気持ちでやっていました。
そのせいで逆にダラダラ描いてしまっていたのかも…。

とにかく今回の原稿では歴代最長タイムを叩き出してしまったので、
今後はこのラインを絶対に超えないよう、気を引き締めていこうと思います。

脱稿しました。

2020.02.22.Sat.18:39

原稿をしていたら、蒙古タンメンの記事から二週間も経っていました。
お陰様で無事に脱稿したので、スマホに残っていた作業中の写真を添えておきます。

以前の記事にも書いた通り、今回はデジタルでの下絵制作(ペン入れは依然アナログメインです)に初挑戦だったのですが、
紙に印刷してみると原稿用紙の大きさと微妙にズレていたため、
ジャストサイズになるよう微調整しまくりました。
写真はその際、数値の確認のために撮ったものです。

すぐペン入れに移るつもりで予定を組んでいたので、結構焦りました。
新しい挑戦のためには事前の準備が大事だな…と痛感した出来事でした。
« Prev | HOME | Next »