FC2ブログ

このマン2019。

2018.12.17.Mon.17:30


ツイッターの方では既にお知らせさせて頂いたのですが、
「このマンガがすごい!2019」オンナ編にてうたかたダイアログが19位にランクインしました。

まさかの2年連続ランクインということで、担当さんを通じて連絡を頂いた時 は非常にびっくりしました。
しかも今年は漫画家さん達へのアンケートコーナーにもコメントを寄せさせてもらったのですが、
そちらに関する連絡の時はランクインのことに関して何の通達も無かったので、
「こういうものの結果って本当にギリギリまで内緒なんだな…」という点にも驚きました。

2巻発売からそろそろ一年が経とうとしている中、
変わらずに応援してくださっている方々に、改めて御礼を申し上げます。

3巻(完)は2019年1月18日発売予定なのですが、
こちらについてはまた書影などが出てから詳しくお知らせ致しますので、宜しくお願いします。

ちなみに冊子の中には「このWebマンガがすごい!」というコーナーもあるのですが、
そちらでは平凡探偵つきなみについても紹介してくださっています。
(写真の二枚目です)

こんな単行本にもなってないマイナー漫画までチェックしてくれている方がいるのだな…と感動しました。

つきなみは自分の趣味を詰め込めるだけ詰め込んだ漫画なので、
これを機にまた読んでくれる方が増えると良いなと思います。

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

以下余談というかこぼれ話です。

今年のオトコ編1位は石黒正数先生の「天国大魔境」、
3位は篠原健太先生の「彼方のアストラ」だったのですが、
どちらも私がアンケートコーナーのコメント内で触れさせて頂いたタイトルだったので、
結果を見て意味も無くガッツポーズをしてしまいました。

ちなみにあのコメントなのですが、まさかそのまま本に載るとは思わず
いち読者としての思いをそのまま書いてしまったため、
色々と失礼な文面になっており、現在反省しています…。

今後同じような機会があった時は、どこに出しても恥ずかしくないコメントを心がけようと思います。
スポンサーサイト

ツヤベタ過程。

2018.11.29.Thu.22:50




昨日配信されたうたかた最新20話は片野黒髪回だったのですが、
ツヤベタキャラをこんなに描くのは久々だったので、
原稿中にツヤベタの過程をざっくりと写真に撮ってみました。

写真は上から
・ペンを入れる
・ざっくり塗る
・細かく塗る
・全ページのツヤベタを先に終わらせた様子
です。

黒片野は他の黒髪キャラより時間がかかるので、
20話の原稿はなかなか大変でした。

スピードアップ計画。

2018.11.29.Thu.01:07

前回の原稿でペン入れの時間を少し測ってみたところ
作業速度がちょっと上がった気がしたので、
今回の原稿ではもう少し詳しく時間測定を行い、更なるスピードアップを目指してみました。

その結果、ペン入れにかかる時間は1枚あたり約114分、トーンは約41分。
下絵のコピーや枠線を引く時間なども入れるとペン入れ〜仕上げは1枚約3時間でした。

今回の原稿は大ゴマが多いうえ時間のかかる背景やツヤベタのキャラも少なく、
トーンもいつも通りかちょっと軽めくらいだったので、
実際は1枚4時間くらい見ていた方が良いかなという印象です。

しかしこれだと仮に24枚の原稿を描く場合、1日9時間作業を想定すると、
ペン入れ〜仕上げだけで10日以上もかかってしまいます。

実際にはこの遅れを作業時間を延ばすことでカバーしていることになるのですが、
今後の安定した制作のためにも、1日の作業時間は無理の無いレベルが理想です。
(徹夜とかも本当に苦手なので…毎日7時間は寝たいです)

次の原稿からは下絵も計測して、
もっと作業スピードを上げるにはどこを見直せば良いのか検討していきたいと思います。

百均アイテム。

2018.11.24.Sat.15:44

先日たまたま家にあったペンを使ってみたところ、
とても使い心地が良くて「これは要ストックだ」と思ったのですが、
いかんせんいつどこで買ったのか覚えが無く、商品名の印字もほぼ消えていて読めない…ということがありました。

そこでダメ元でツイッターに写真を載せ質問してみたところ、何と分かる方がいて、
商品名と購入店を教えて頂くことが出来ました。
あの写真で分かる方がいてくださったことに、今でも驚いています。
何の変哲もないただの黒いペンなのに…。

しかも文具屋で探そうかと思っていたこちらのペンはダイソー商品で、2本100円というお買い得商品でした。
近所のダイソーにもしっかり置いてあり、無事に買う事ができてひと安心です。

というかツイッターで教えてもらわなかったら一生見つからなかったと思うので、
教えてくださった方に改めて感謝しています。

今まで百均のペンを画材として使うことは無かったのですが、
今後は要チェックだなと思いました。

設定画など。

2018.11.17.Sat.20:23


原稿が一つ終わったので机の整理をしていたところ、
最近描いた読み切りの設定などが出てきました。

1枚目はとなりのコンシェルジュの間取りです。
こういう間取りや配置図を考えるのは妙に楽しいので、
特に必要ない部分も作るだけ作っています。
(その後の原稿では設定を無視して描いたりするため、結果的に矛盾が多発しています)

2枚目は銀河のジルバの設定メモです。
「可愛くなさすぎ」という理由でボツになったジルバの初期設定画も出てきましたが、
今見ると本当に可愛くなかったので、載せるのは止めておきます。
 | HOME | Next »